RR Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS RRで歌った1曲をひたすら語ってみるvol.1〜バラ色編〜

<<   作成日時 : 2010/07/14 05:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

どうもりょーへーです。
寝過ぎて眠れないので、暇潰しとして今回は以前から書いてみたかった「RRで歌った1曲をひたすら語ってみる」というコンセプトで日記を書きます。

内容としてはアレンジについてがメインとなっています。


1曲選ぶならば、もちろん書くほうも見るほう(いるのか?w)も、バラ色で決まりでしょう。

ライブのMCなんかで度々話す機会がありますが、この曲は今のアレンジがバージョン3です。
バージョン1を書いたのは2006年の7〜8月で、SCSに入会してまだ間もない頃でした。

当時はシャッフルビートの概念も知らず、音楽理論やアレンジの引き出しに関しても知識が皆無に近かったため、譜面上アカペラとして成立していない、大変粗末なものでした。


バージョン2を書いたのは2007年3〜4月で、新人ライブ以降半年間活動休止していた時期に、その再開に合わせて書き直しました。

このアレンジは2008年度まで使っていましたが、やはり知識やルールが頭に入っていない状態で書いたもので成立度は高くなく、よくぞ2年も歌ったなと(笑)

ただ、人によっては現行のアレンジよりもこちらのほうが好きだという意見もあり、なんだかなぁという感じです(笑)

バージョン2では原曲よりもベースの刻みを増やし、シャッフル感を出しやすくしたのが最大のポイントでした。

採譜当時は歌い方でシャッフルを表現する力がなかったため、リズムに関しては結果として譜面で補えていたように思います。


現行のバージョン3は2009年7月に書きました。この時期に書いたのは、最大目標であったJAMの1次審査に間に合わせるためでした。

バラ色は本家のSOSの方々が本当に色々なアレンジで歌っており、どのアレンジがバンドに合うかで非常に悩みました。

そして結局書いてみたアレンジはシャッフル感をあえてあまり出さないものだったのですが、想像以上に出ず、ベースラインを以前のものから引き継ぐことで体裁は保つことができました。

しかし、シャッフルビートという縦のリズム隊構成に対してコーラスラインは横の構成がやや多いため、ライブ映えするほどのシャッフル感はなく、またメンバーの音域に合わせてバージョン2よりも全体的に積みを下げているため、普通に歌うとかなり落ち着いた感じになります。

バージョン2のほうを好む人がいるのはこのような理由があるからでしょう。


そんな譜面上のウィークポイントとも言える要素をコーラスの歌い方という実務面で補っているのが今のバラ色です。

歌い方である程度リズム感が出せる(リズム隊、特にパーカスに頼らない)ようになったのは成長を感じます。

tkg自体、全体のリズムを強制出来るタイプのパーカッショニストではないので、この曲のコントロールはコーラス4人にかかっていると思われます。

まあ、個人的にはそこそこ良いさじ加減だと思ってます。

原曲もベースはシャッフルさせていないことで完全なシャッフルにはしていないですし、中途半端でOKです(笑)

あえて言うなら、ベースの小節頭の刻みを符点8分+16分→8分+8分に直せばより良いのです(萌氏よろしくw)。


あと、キーが高い(笑)

現在は448KHzくらいで歌っていて、原曲よりかなり高くなってます。

そりゃコールアンドレスポンスで声も裏返ります←

個人的には440KHzマンセーです。まあ記憶音感のメンバーもいるし、この辺りの調整は難しいんですけどね。


アレンジ上の着想については、特にイントロとアウトロで2点あります。イントロは竹内まりやの名曲、カムフラージュからヒントを得ています。

内声が動いてコードが次々変化していく発想を取り入れたらどうなるかな、と思って試してみたところ、比較的イメージとマッチしたので採用しました。


アウトロは、僕のファルセットに被せる形でのEM7→Badd9という構成ですが、本家のSOSはライブでやってもたいていB/Eとか、ただのトニックで終わらない感じで終止してます。

もちろん僕も最初は同じように積んだのですが、もう少しちゃんと終止した感じのほうがフィットしたため、基本通りトニックで終わらせてます。

あと、ステージのラストを飾ることが多い曲だったので、壮大なラストにしようと思い、add9thでもかなり素直で、鉄板な積みにしました。

好まないという人もいるし、何よりメンバー内でも賛否両論ありますが、かのMike Pistonsさんの名アレンジ「涙の数だけ」のラストの超絶add9thに憧れる僕としては、どうにかあのラストを完璧に決め、オーディエンスを沸かせたいのです(笑)


その他、萌のベースソロやコーラスの追いかけなど、一部はバージョン1からのアレンジを引き継いだりしてます。

人というのは成長とともに失う何かもあるわけで、オリジナリティという意味では何もわからず、苦労と冒険を必死で続けていた新人期の時のほうがあったため、そのオリジナリティを失いたくなかったのです。

恐らく今のスキルで初めてバラ色を書くとしたら、譜面上の成立度合いは高くとも、もっと面白みのないアレンジになるでしょう。


自分の中では総合的には80点前後ですが、今後も歌い続けて差し支えないレベルではあると感じています。


4年前、バンドを組んだ際にタケシに「バラ色やりたい!」と言われ、SOSの代表曲なのにあまり聞く曲ではなかったためその当時は正直そこまで気が進んだわけではなかったのですが(笑)、最初に書いた曲がバラ色で本当に良かったと今では思います。




はい、ここまでで今回のvol.1は終了です。

こんな感じでかなり自己満足な回顧を今後もちょくちょくやるので、暇でどうにもならない人は読んでみて下さい(笑)

それではまた!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー音楽知識まったくゼロの私には難しすぎました←笑
でもリフレクのなかでもバラ色はかなり好きな曲です
ありす
2010/07/21 12:16
これおもろいよ!
tkc
2010/07/26 00:00
音楽知識なくてすみません。
でも何も知らない、プレーンな感性でできた感じも
良かったりするのは共感します!!
平井 銀二
2010/07/30 18:55
バラ色の終わり方かっこいいけどナイスンスローの終わり方も超すきです(^▽^)ちょっと芸術感ただよってるー
えりー
2010/07/31 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
RRで歌った1曲をひたすら語ってみるvol.1〜バラ色編〜 RR Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる